大豆ダイエットをしながらストレスなく食べて痩せる

このダイエットは毎日の食事に取り入れて尚且つストレスなく苦痛ではないことを目的にしたダイエットです。
それは、食べることができるし、カロリーが少なく健康に優しい大豆を主食として食べていたからです。
ダイエットは、苦しいことでもあります。
また、食事制限もあるのが痩せる為には欠かせません。
ですが、ダイエット中はストレスがたまり食事面に関しては誘惑に負けてしまうのです。
その負けてしまうことが続くとダイエットを諦めてしまうこともあります。
だから、食べれるダイエットを考えて始めました。
毎日の朝食と夕食にただ大豆を食べるといった大豆大作戦です。
結果として体重は5キロ程痩せることができたのでいい結果になっています。
方法としては、主食をお米ではなく豆腐に置き換えることでお腹をみたすといったかたちです。
毎朝の朝食では豆腐に納豆をくわえて、めんつゆの味を時々変えながら食べる方法です。

大豆ダイエットは痩せやすい体質と健康的な体調

大豆を主食として食べるダイエットでは、お米よりもお腹がいっぱいになります。
だから、おかわりをしなくていいのが魅力です。
また、お米よりも安くすむのでお財布にも助かるダイエットです。
しかも、満腹感がありますし主食として毎日食べることで痩せることもそうですが、肌の調子、体の冷えがなくなってくるので健康的なダイエットになるながメリットの一つです。
大豆を中心的に体に取り入れると実感として、新陳代謝がよくなる感じがするので、ダイエットとして大豆を食べることは、悪くないことなのです。
また、豆腐の使い方も木綿豆腐と絹ごし豆腐それぞれ味が出せるので料理の幅もひろがることができるのでメリットがあります。
また、大豆のパスタサラダを作れば、噛む回数が自然と増えるので、早食いの癖がなくなってくることもメリットです。

ダイエットを苦痛にしない為の味作戦

大豆ダイエットをして痩せることができたのは、なんと言っても味を変えることができるからです。
お米では炊き込みご飯などにしないと中々味を変えることができません。
ですが、大豆では調理しだいで料理の幅は無数にあります。
また、主食として食べる時は豆腐をよく使っていました。
豆腐は飽きのこない味です。それは、お米と同じように食べることができるからです。
だから、ダイエットとしてもいい方法なのです。
また、豆腐を主食として食べると次第にあきます。
ですが、豆腐の味に飽きたら、ドレッシングなんかをかけて飽きのこない食べ方ができるとあり気分的にダイエットをする苦痛がなくなったのです。
きっと食べる方法が好みの味に変わるからだと感じています。
また、豆腐を主食にしようとしたのは味がないことが有利に働き味がないことで、おかずの邪魔をしない存在になってくれたからそう感じたのです。

大豆ダイエットを成功させるには好みの味

大豆ダイエットをして痩せるには、とにかく主食となるお米を豆腐にすることです。
それは、糖質をなるべく避けることで痩せやすい体質を作る目的もあります。
大豆も糖質は含まれますが、まずはかたちから入るとダイエットをするタイミングも長続きする仕方もわかってきます。
そうして、豆腐の味に慣れていくかたちにしましょう。
また飽きたら味を変えることがキーポイントになります。
ドレッシングでも、めんつゆでも味を自分の好みにして楽しんで食事をするといいです。
それは、何よりストレスを溜めないダイエット方法ができるからです。
ダイエットをしているときは自分が感じているよりはるかにストレスを感じています。だから、食事をするときはストレスなく自分好みにして食事です。
また、豆腐ではなく大豆はよく噛む食べ方ができるので早食いを避けられます。
大豆ダイエットのポイントは、好みの味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です