夜だけはガッツリ食べて飲んで大満足ダイエット

私が思うところ、ダイエットとは、結局は入るカロリーと出るカロリーの差が決め手になります。摂取するカロリーを消費するカロリーより少なくすれば痩せることになります。一日のうちに摂取するカロリーをどこで控えるかを考え、自分の生活習慣に当てはめていったときにこの方法にたどりつきました。要するに、夜は思い切り食べて飲んでという食事をしたいため、朝食と昼食を極力抑えるというものです。
私は、現在は、朝は水とトマトジュースのみ、昼はソイジョイや玄米ブランなどの栄養補助食品を食べています。また、午前中、午後の仕事中にはおやつも結構食べます。これで苦も無く痩せることができました。楽チンなダイエット方法だと思います。

ムリせず、ガマンせずにダイエットができます。

私はお酒が好きですから、夜は毎日お酒を飲みながらおいしい料理をたくさん食べたいと思っています。まずそれを叶えることを優先しました。ダイエットで失敗する多くの原因はムリがあることです。ムリしてダイエットをすると必ず失敗します。この方法だと、ムリをしている部分が極めて少ないため、ダイエットに対するストレスを感じることがありません。朝と昼のカロリー摂取量は少なく、トータルのカロリー摂取量はほぼ「一日一食」と同じです。したがって、夜は何も気にせず、好きなものを好きなだけ食べて飲むことができます。友人に飲み会に誘われても、思い切り楽しむことができるのが最大のメリットです。また、午前・午後に空腹感を覚えたときには、頻繁におやつを少しずつ口にしていると、すぐに空腹感を忘れることができます。

ガマンしないでラクラクダイエット

ダイエットするための要因は2つです。1つめはカロリーの摂取量を減らすこと、2つめはカロリーの消費量を増やすことです。このダイエット方法は1つめのカロリー摂取量を減らすことに着目しました。一般的に食事制限によるダイエットをすると、食べないことによってストレスが大きくなって失敗します。要するに「ムリをして痩せる」ことをしようとするからです。物事を継続するためにはムリをしてはいけません。ガマンした状態が長く続かないのは当然です。
私の提案するダイエット方法では、夜は全く問題ありませんので、朝と昼の食事量が少ないことがネックになります。これにストレスを感じることなく、いかにガマンしない状態でいることができるかがポイントですが、そのために、おやつを活用するようにしました。

おやつを食べてムリなくダイエット

まず、夜は好きなものを好きなだけ食べてください。これで一日を幸せな状態で終わりましょう。
さて翌朝です。実は、夜にたくさん食べると翌朝はあまり空腹を感じないものです。そこで朝食は自然と抜くことができます。ここで「朝食は食べないといけない」という概念は捨てましょう。空腹でもないのに「ムリして」朝食を食べることのほうが間違っています。ジュースを飲んで朝食代わりにします。
お昼が近づくとお腹が空いてきます。ここで軽くおやつ。
さて、昼食です。おそらくこの方法で一番の難点はお昼が少ないことですが、栄養補助食品を食べれば、一時はオナカがふくれます。
あとは午後の時間をいかに過ごすかですが、これはおやつを食べることで解決します。少しずつ、頻繁にがポイントです。やってみれば意外とカンタンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です