腸活と温活がダイエットには必要!腸内フローラを最適な状態にしよう!

以前から私は太りやすくて、これまでは痩せるため食事制限や糖質制限系のダイエットを中心にやっていました。しかし、それだと必然的にリバウンドする上に、冷え性をひどくしてしまいました。冬になるとスカートがはけなかったり、ダウンジャケットが脱げなかったりするようなひどいほど症状がひどくなりました。

そして私は生まれた頃から便秘がひどくて、下剤がないとお通じがない体質でもありましたし、肌がきれいでもないし、精神的に落ち込みやすかったです。加齢につれ従来のダイエットが効かなくなり、体重がどんどん増えました。

そこで、痩せるためには健康と両立できるダイエット方法が必要であることを実感し、温活と腸活をやってみることにしました。

今回、私が使用したのはコンブチャクレンズという、コンブチャが原材料として使われているダイエットドリンクです。

コンブチャクレンズは口コミでの評判もすごく良くて、実際に私が飲んでみた感じもとても良いものでした。

効果は一石三鳥!美容と健康も維持される

腸活と温活を一緒に行うメリットは、どちらかに取り組むことによってもう一方が改善されるためです。温活の方を頑張るだけでダイエットの効果はそれなりに得られるのですが、温活には腸内環境が大事でもあるし、温活をすることで腸活が成功しやすくなるので、合わせて取り組むことにしました。
そのメリットは以下のようなものです。

代謝が上がる

身体を温めることができるため、それにより基礎代謝が上がります。

疲れづらい、肩こりしづらい

血流がよくなるため、肩こりや疲れやすさが軽減され、若々しさが取り戻せた気がします。

美容にいい

ダイエットの手段として入浴を積極的に行いましたが、それによって肌が荒れづらくなりました。毛穴の詰まりがなくなった気もします。

ダイエットの決め手は、確実な体質改善

これまでのダイエットではリバウンドや健康を損なうことを繰り返していたので、確実に効果が持続させたいと考えていました。
そのためにまず、下剤やサプリなどの薬をいったん使うのを止めて、投薬を止めても体重や健康が維持されるかをチェックしました。冷えやむくみ便秘に悩み続けた身体が改善するのにはすごく長い年月がかかりましたが、慌てて結果を出そうとせず、コツコツと痩せる工夫をしました。
そして、運動として筋トレを追加したのが功を奏しました。筋トレはやりすぎても困らないと言われるものであり、適切な方法でやれば確実に減量できます。当初は、筋肉が増えると痩せて見えないとか、筋肉の分だけ増量して見えると思って抵抗を持っていましたが、筋肉をつけることがダイエットだけでなく、温活のためにも大事でした。

こまめな運動と食事の工夫が成功のポイント

ダイエットに取り組む人全員に言えることですが、自分の体質に合わせたダイエット方法を見つけることが大事です。他の人が成功した方法だからといって、それが合うかどうかはわかりません。私の体質に合うのが温活と腸活だったから選んだのですが、冷え性や便秘に悩む人がこのダイエットに取り組むべきと思います。
特に年を取ってからや病気してからのダイエットは、自己判断すると失敗するどころか、健康を損います。

極端な食事の改良や、大金をはたいて行うやり方、長続きしそうにない運動メニューを組み込むと、必然的に失敗してしまいます。持続可能な方法を模索することが必要です。
私の場合は、仕事が忙しいときは湯船の中で読書するとか、テレビや動画を見ながら筋トレをするなどして、ダイエットの時間をきちんと確保する工夫をしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です