リバウンドなくやせるための炭水化物制限

極端に痩せるということは、リバウンドをしてしまう可能性も高いとおもいます。

そこで、時間は多少かかりますが、リバウンドがなるべくないように痩せることを目標にこのダイエット方を考えて実践しました。

炭水化物をまったくゼロにするダイエット方ではなく、毎食少しづつ減らしていく方法です。

そのため、お腹が空きすぎて結果的に食べてしまうことを防ぎ、高価なダイエット食品も使うことなく無理なく進めていくのが目的です。

炭水化物の制限はゆっくり痩せるけどリバウンドが少ない

まずひとつに、お金がかからないことです。高価なダイエット用の食品を使うわけではなく、また高価なエクササイズ用品を使うわけでもありません。次に、短時間でダイエットをするわけではなく、少しゆっくりにはなりますが、なるべくリバウンドを防いで無理なく痩せるためのダイエット方です。短時間で痩せたいのはやまやまなのですが、リバウンドをしては結果的に意味がありません、自分も傷つきます。難しい料理をしたり、普段のライフスタイルを変えたりすることもありません、毎日毎食少しずつ努力をすればいいだけです。多少時間はかかりますが、低コスト、低リバウンド、なにより体に無理がかからないダイエットなので、続けることができます。

半年で5キロダイエット、リバウンドなし

なぜこのダイエットで痩せることに成功したのかは、ひとつに無理がないので、ダイエットを続けることができたことです。コストも普段の生活以上に何もかからないので、長く続けられたことにあると思います。ご飯のカロリーは50グラム80キロカロリー(わかりやすくするためにおおよそのカロリーを記入しています。)たとえば女性で150グラムのご飯を普段食べるとします。それを毎食100グラムにすると、一日で約240キロカロリーの削減になります。脂質が1キログラム燃えるのには7000キロカロリーを要します。それを一ヶ月(30日)で割ると、1日当たり約230キロカロリーです。ということは、50グラムずつご飯を減らせば一ヶ月で1キロ脂肪が減る計算です。

無理なく続けて少しでも確実に痩せる

成功するポイントは、一ヶ月に一キロの体重減少を目標にするということです。焦って短時間で体重を減らそうとするのではなく、少しずつでいいから、将来的に見てリバウンドをなるべくしないように確実に減らしていこうという気を持つことです。理論に基づいて少しずつ努力をしていけば、個人差やもとの体重によっても大きく違いますが、一ヶ月で1キログラム、半年で5から6キログラムの体重減少を目標にしてはいかかでしょうか。お金も特に普段の生活以上にはかかりません、ご飯を少し減らしていますので、お腹は多少すきます、そのときはカロリーのないもの、少ないもので補いましょう。まずひとつにはお茶などの水分でお腹をふくらましたり、食事のお野菜やたんぱく質を気持ち増やすといいと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です